NHK杯 羽生善治竜王ー菅井竜也七段 観戦記

NHK杯 羽生善治竜王ー菅井竜也七段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は序盤の駆け引きの末、角換わりの▲48金型対△63金型に。
豊島ー広瀬戦豊島ー松尾戦等の前例があります。

図以下▲45桂から進んで図2。

ここまで上記の豊島ー松尾戦と同様ですが、ここで△66歩と手を変えました。以下、①▲75歩、△同歩を入れて▲66銀と出て、次の▲74歩を狙う手も有力でしたが、本譜は単に②▲同銀。

以下、△86歩、▲同歩、△46歩、▲24歩、△同歩、▲25歩、△同歩、▲24歩の手筋の継ぎ歩~垂れ歩に△26角(図3)

△26角は▲25飛車を防ぎつつ48金に当てる攻防の一手。図で①▲58金、△37角成、▲55銀左のような展開も考えられますが、本譜の▲38金が無難でしょう。進んで図4。

図では①▲47同金、△46歩、▲同金、△48角成、▲88玉のような手も考えられましたが、本譜は②▲47同銀。

以下、△65歩、▲77銀、△85歩に▲45歩と△44角を防いだのが好感触の一手で羽生竜王らしい手です。進んで図5。

図では①△33桂から△45桂を狙う手や②△51飛車(▲82馬なら香を取って△81香の筋がある)が有力でした。

本譜は③△47歩と打ちましたが、歩切れになった瞬間を突いて▲55銀、△同銀、▲65香が厳しい手になりました。以下、△同桂に▲55馬で先手優勢に。進んで図6。

図の▲35桂が△44角と引かせないようにした次の一手のような捨て駒で決め手になりました。

以下は羽生竜王の勝ちに。随所に羽生竜王らしい手が出て天敵を下し、ベスト8に。久しぶりの優勝に期待がかかります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。