順位戦B級1組 菅井竜也七段ー橋本崇載八段 観戦記

順位戦B級1組 菅井竜也七段ー橋本崇載八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

両者とも1勝4敗と苦しい出だし。戦型は先手中飛車穴熊対銀冠となりました。

図から△65歩、▲57銀(▲65同銀は、△62飛車、▲66歩、△14歩、▲同歩、△同銀で次の△64歩を狙う)、△14歩、▲同歩、△同銀と端攻めを敢行。進んで図2。

図の△75歩から▲同歩、△76歩、▲59角、△45歩、▲98飛車、△46歩で後手好調のようですが、意外に難しいようです。

以下、▲46同銀に①△88歩なら、▲35歩、△89歩成、▲34歩、△同金、▲26角、△44歩が一例で、後手が駒得しているため難しい形勢。本譜は②△23銀と引きましたが、▲11香成、△同玉、▲18香、△14歩で後手が歩切れとなり、先手がやや指せる形勢に。進んで図3。

図で①△同銀は▲48飛車、△45銀、▲同飛車、△34銀、▲65飛車と捌かれてしまうため、本譜は②△同金、▲48飛車、△43香で支えます。進んで図4。

図から▲75歩が手筋の一着。

以下、本譜は①△同飛車ですが、▲54歩が厳しい一手で、「Ⅰ」△同銀は▲42金、△同金、▲64角、△72飛車、▲42角成、△同飛車、▲53金で先手優勢。本譜の「Ⅱ」△64銀では駒が玉から離れてしまい苦しくなりました。

戻って、代えて②△72飛車と引いておけば▲42金、△同銀で手順に固くなるため、難しい形勢でした。

進んで図5。

図では①▲68角で先手優勢。駒の損得はほとんど無いですが、玉の固さが違い過ぎます。

しかしなんと本譜は②▲46角!

相手の駒を飛び越える非常に珍しい反則手で反則負け。菅井七段は時間も3時間以上残していただけに、魔が差したとしか言いようがない、悔やまれる敗戦となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。