棋王戦挑戦者決定トーナメント片上大輔七段ー広瀬章人八段 観戦記

棋王戦挑戦者決定トーナメント片上大輔七段ー広瀬章人八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は先手中飛車対△44銀型。直近では銀河戦の佐藤ー渡辺戦等で指されています。片上七段も直前の永瀬戦で指していました。

図から▲78金が工夫の一手。以下、△74歩、▲57銀、△55銀、▲56銀、△64銀、▲22角成、△同玉、▲77角(図2)と進んだ時に8筋が破られにくい効果があります。

図から①△33角は▲66歩と突かれた時に▲78金が生きてしまうため、本譜は②△12玉。端の交換がある場合は、後手はここに至る前に変化が必要でしょう(△55銀で△73銀、△64銀で△44銀等)。

以下、▲16歩、△32金、▲45銀、△44歩から進んで図3。

①△44歩では代えて②△42金右、▲15歩、△33金右のような形で指すべきでした。本譜は一歩渡したため、後に端攻めが生じます。

図から▲14歩、△同歩、▲44角、△43金右、▲13歩が手筋。以下△同桂しかありませんが、悪形を強いることができ、先手優勢。

以下は終始先手優勢のまま進んで図4。

図から△51銀のタダ捨てが終盤の手筋。後手が悪いながらも飛車の横利きを通すことで受けやすくしています。進んで図5。

図では①▲18銀と取れば、「Ⅰ」△同香成には▲22銀成、△同飛車、▲12歩から歩を連打して▲15香と打つ筋があるため詰みとなり先手勝ち。「Ⅱ」△31角には▲13歩、△同香、▲14歩、△同香、▲13歩、△12歩、▲56歩、△57金、▲22銀成、△同角、▲33桂のような筋で先手有望でした。

本譜は②▲22銀成としましたが、△同飛車で詰まず、以下後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。