竜王戦 羽生善治竜王ー広瀬章人八段 観戦記

竜王戦 羽生善治竜王ー広瀬章人八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は角換わり腰掛銀から後手が早めに△65歩を突く形。対して先手は▲66歩と反発したところ。八代ー藤井聡太戦等の前例があります。以下進んで図2。

▲75歩は①△76角があるため一瞬ハッとする手。しかし、以下▲47玉、△87角成、▲同金、△同飛車成、▲74歩、△85桂、▲84角で先手良し。右玉らしい受け流し方です。本譜は②△84飛車から進んで図3。

図から①△74角なら「Ⅰ」▲同馬、△同飛車、▲83角、△84飛車、▲56角成の千日手が濃厚。「Ⅱ」▲65歩や「Ⅲ」▲75銀のような打開も無いわけではないですが、果たして打開するつもりだったのかどうかは気になるところです。

本譜は②△83角から進んで図4。

図では①▲76銀、と出れば桂を助ける手段が難しく、△77歩、▲88金、△63金にも▲65銀直で先手が指しやすい形勢。

本譜は②▲45桂、△44銀、▲24歩、△同歩、▲同飛車、△23歩、▲34飛車と羽生竜王らしく切り込んでいきました。次に▲44飛車から▲73歩成、△同金、▲53角成のような筋があるため、後手も受け切るのは容易ではありません。

本譜は▲34飛車以下、△63歩、▲73歩成、△64歩、▲83と、△33歩、▲44飛車、△同歩、▲73と、と激しい切り合いに。進んで図5。

ここが本局のハイライトで、先手の攻めが切れそうに思えましたが、▲24桂と歩頭に捨てるのが鋭い一着。①△同歩、▲同龍は飛車を使ってしまった後手が先手玉を寄せることが難しくなるため、②△21飛車ですが、▲32桂成から進んで図6。

図から▲29飛車が局面の急所を捉えた自陣飛車。飛車を攻めに使うことばかりに目が行くとこのような手は見えませんが、流石は羽生竜王という手で、先手陣が格段に安全になります。

以下、△77歩、▲79金、△24飛車に▲26飛車とバッサリ切って、▲31角で、後手は飛車と角しか無いため受けがありません。進んで図7。

図から▲26桂がまたもや絶妙のタダ捨て。以下、△同龍に▲38歩と取ることができます。以下は先手勝ちとなりました(投了図)。

最後は前に打った▲24桂が後手玉をふさぐ成桂となる大活躍でした。

本局は作ったような手が何度も出てくる名局で、羽生竜王が先勝。タイトル100棋に向けて幸先の良いスタートを切りました。これからも益々楽しみなシリーズです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“竜王戦 羽生善治竜王ー広瀬章人八段 観戦記” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。