A級順位戦 三浦弘行九段-広瀬章人八段 観戦記

A級順位戦 三浦弘行九段-広瀬章人八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は角換わりから先手が▲36歩型の棒銀に。棋聖戦挑戦者決定戦の三浦ー豊島戦でも出た形です。

本譜は図から▲34歩、△同銀、▲38飛車で未知の局面に。以下△33歩と打たせてから▲28飛車と戻り、駒組を進めるのが先手の狙いだったようです。進んで図2。

図の▲56角が決断の一手。以下、①△22玉が自然で、▲25銀、△45歩(▲45同歩は△46角)で先手が攻めるのも容易ではありません。

本譜は23を受けずに②△75歩!。以下、▲23角成、△同金、▲同飛車成、△22歩に▲27龍に△76歩の取り込みが大きいというのが後手の主張のようです。進んで図3。

図から△77歩成、▲同桂、△76歩、▲65桂、△同歩、▲24桂、△66歩、▲32桂成、△同玉、▲34歩と激しい叩き合いとなり難解な形勢。進んで図4。

図で後手玉はかなり危ない形ですが、△68角成、▲同玉、△67歩成、▲同銀(▲同玉は△49角の王手龍)、△55玉が好手順で後手が凌いでいる局面。

進んで図5。

図では先手が勝ちになっており、①▲46角なら△同歩、▲95金、△77角、▲58玉、△95歩に▲72角、△同金、▲同龍、△94玉、▲83銀以下の詰みがあります。

本譜は②▲95金、△57銀成、▲79玉に△95歩が詰めろとなり、以下後手勝ちとなりました。

大熱戦を制した広瀬八段はこれで11連勝ということで、強すぎますね。
また、三浦九段の連勝が止まりA級は大混戦。今後も目が離せません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。