NHK杯 佐藤康光九段ー行方尚史八段 観戦記

NHK杯 佐藤康光九段ー行方尚史八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は5手目▲77銀の矢倉に対し、後手が一目散に銀を繰り出す作戦。このような展開を避けて、先手は代えて早めに2筋を突くケースが多いところでした。

本譜は図から▲57銀、△42玉、▲69玉、△32銀、▲65歩、△同銀、▲75歩と突き違いで対応。進んで図2。

図から①△33角と2筋を受けましたが、▲36歩から角頭を狙われることになったため、②△73桂等、受けずに指す手も有力でした。進んで図3。

図の▲76銀で後手は忙しくなりました。次に▲44角、△同歩、▲33歩成、△同桂(△同銀は▲23飛車成)、▲34歩のような攻め筋があります。

従って後手も図から△42金と受けましたが、自分から美濃囲いを崩すことになるため、これでは苦しいと言えます。進んで図4。

図から▲35銀が強手。以下、△37歩成、▲同桂、△36歩は見えていますが、▲25桂(本譜は▲45桂)で後手のと金よりも先手の角のラインが厳しくなります。進んで図5。

先手は飛車を18に逃げたのがあまり良くなく、ここでは後手優勢になっています。図の▲22歩は手筋で、①△同玉は▲44銀が厳しくなりますが、②△45歩、▲21歩成、△同玉で耐えています。

以下、▲44桂に、△74桂、▲55角、△54歩、▲88角、△87歩成、▲同銀、△77歩、▲同桂、△同桂成、▲同角、△66桂打(図6)

図の△66桂打が厳しい一着で後手勝勢。以下、▲同金は△57角があります。進んで図7。

図から△44銀、▲同銀、△66桂が決め手。以下、▲同金に△57角、▲68桂、△77歩、▲同飛車、△66角成が33の地点にも利くため、先手からの攻めがありません。以下後手勝ちとなりました。

行方八段が鋭い攻めを見せて快勝となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。