王将戦 中村太地王座ー渡辺明棋王 観戦記

王将戦 中村太地王座ー渡辺明棋王戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は角換わりとなり、図から先手が▲35歩、△同歩、▲45桂と速攻。一時期流行した形ですが、最近は見なくなった仕掛けです。しかし、中村王座は直近の王座戦でも指しており、研究が伺えます(なお、後手はこの仕掛けを警戒するなら図の△74歩に代えて△64歩もありました)。

以下△44銀(△22銀は▲24歩、△同歩、▲55角、△64角、▲22角成、△同金、▲24飛車、△23歩、▲34飛車のような筋があり危険)、▲24歩、△同歩、▲同飛車(図2)。

図では①△22歩と低く受ける手(▲34角や、▲44飛車、△同歩、▲55角~▲44角のような筋を緩和)もありますが、本譜は②△23歩。

以下「Ⅰ」▲44飛車、△同歩、▲55角、△64歩、▲44角、△33桂、▲34歩、△45桂、▲同歩のような展開も難解ですが、本譜は「Ⅱ」▲29飛車(図3)

図では①△36歩や②△75歩、▲同歩、△86歩、▲同歩、△76歩のような変化も難解でした。

本譜は③△55角ですが、これには▲34角が厳しい一着に。以下△46角に「Ⅰ」▲26飛車、△19角成、▲23角成の変化も有力でしたが、本譜の「Ⅱ」▲24歩でも先手優勢。以下、△同歩、▲同飛車、△22歩、▲23歩、△36歩、▲22歩成、△24角、▲32と、△52玉、▲33桂成(図4)

図の▲33桂成が好手。①△同銀は▲同と、△同角、▲44歩、△同角、▲41銀、△同玉、▲43角成が詰めろ角取りで先手優勢。▲44歩~▲41銀が鋭い寄せです。

本譜は②△同角と取りますが、▲同と、△同銀、▲16角で駒得が大きく先手優勢。以下は先手快勝となりました。先手の鋭い攻めが決まった1局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。