新人王戦 青嶋未来五段ー藤井聡太七段 観戦記

新人王戦 青嶋未来五段ー藤井聡太七段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は矢倉模様の出だしから先手の青嶋五段が右玉に。

先手番で右玉は珍しいですが、力戦型を好む青嶋五段らしい戦型選択と言えるでしょう。進んで図2。

図の△53銀は①▲45歩が気になりますが、△同歩、▲同桂、△44銀右、▲33桂、△同桂で、後手から次に△13角や△64角から4筋を攻めて行く手があり、先手が受け切るのは容易ではありません。(一例で△同桂以下、▲46歩、△64角、▲66銀、△45歩、▲37銀、△46歩、▲同銀右、△45歩、▲37銀、△35歩…)

従って本譜は②▲66銀以下進んで図3。

55で銀交換が行われたところですが、図で△56歩が才能を感じさせる本筋の一手でした。以下、▲同銀、△52飛車で、先手は5筋の角と銀の身動きが取れなくなっています。

以下仕方なく▲57歩ですが、△35歩に対し、①▲47銀打は△54銀~△55歩、②▲27銀、△36歩、▲同銀、△35歩、▲27銀は△36銀、本譜の③▲同歩には△36歩で桂得が確定し、後手が優勢になりました。進んで図4。

図で△54銀が手厚い一着。次の△55歩を受けるために①▲55銀打は△同銀、▲同銀、△54歩、▲66銀で銀が働かない位置に来てしまいます。

本譜の②▲36金にはそこで△13香と取れば、図4から単に△13香と取るよりも後手陣が手厚く受けやすくなっています。進んで図5。

図の△44桂が▲11歩成を受けつつ両取りをかける攻防の一手。得した桂馬なので尚更気持ち良いですね。こうした手を指せるように組み立てるのが藤井将棋のうまさです。進んで図6。

△88歩が手筋で、①▲同金は△48桂成、▲同玉、△68金があります。

本譜は②▲44桂、△同銀、▲63馬、△41銀、▲36馬、△89歩成、▲同飛車(図7)と粘りを見せますが…。

図から△56飛車、▲同歩、△65桂が鋭い寄せ。一体どうやったらこんな寄せ方ができるようになるんでしょうね。以下、▲同歩に△66桂が厳しく以下後手勝ちとなりました。

これで藤井七段が決勝三番勝負に進出。決勝の相手は出口三段と言うことで、これまた非常に楽しみなカードですね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。