JT杯 渡辺明棋王ー山崎隆之JT杯覇者 観戦記

JT杯 渡辺明棋王ー山崎隆之JT杯覇者戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は渡辺棋王が得意とする飛車先切らせ△73銀型を、逆に山崎JT杯覇者が採用(参考:順位戦 山崎ー渡辺戦)。

図から▲34飛車と横歩を取る手を含みにする指し方が多いところですが、本譜は▲28飛車、△23歩、▲22角成、△同銀、▲77銀と穏やかな指し方を選択。進んで図2。

46歩の歩を取らせる指し方は昨年のNHK杯 阿久津ー渡辺戦でも出た渡辺棋王流の指し方。進んで図3。

図では①△71飛車と引けば、後に△75歩、▲85銀、△93桂のような攻めがありました。

本譜は②△73飛車としたため当たりが強く、上記のような攻めが難しく、先手の馬が手厚い展開に。進んで図4。

端に手がついて先手優勢。①△同歩は▲13歩があるため、②△55角、▲47金、△73桂、▲74銀、△84飛車で銀を取りに行きますが、▲73銀、△同角、▲14歩、△12歩と端を詰められて後手が苦しい展開。進んで図5。

図では①▲34同馬と銀を取る手もありましたが、△66角のような手が気になるため、本譜は②▲33歩。

当たりを強める手筋で、△同玉に▲35歩、△45銀!(▲同歩は△28角成、▲同馬は△66角)、▲37桂、△46銀、▲45桂、△42玉、▲56金、△57銀成(飛車取り)と華々しい展開に。進んで図6。

図以下、▲同桂、△同歩成、▲同金、△79角と攻めますが、▲78玉で寄りません。

以下、△35角成と粘りましたが、▲53銀、△同金、▲同桂成、△同馬、▲45桂と厳しく迫り、以下は先手が寄せ切って勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。