叡王戦 遠山雄亮六段ー大平武洋六段 観戦記

叡王戦 遠山雄亮六段ー大平武洋六段を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図はよくある形ですが、ここから△63金が珍しい手。対して、▲45銀、△55銀、▲56銀、と▲72銀を含みに攻めていきます。以下進んで図2。

図から①△47銀は、▲24歩、△同歩、▲47金、△38角、▲24飛車、△47角成、▲82銀のような手があります。

本譜は②△86歩、▲同歩、△65歩としましたが、自分の玉頭でもあるため、リスクの高い手。進んで図3。

図から銀取りに構わず▲55銀打が厳しい一手。以下、△66歩、▲64歩、△52銀、▲63歩成、△同銀、▲64歩で先手勝勢に。こうなるなら8筋の突き捨てを入れない方が最後の▲64歩が利かないためまだ粘れました。

以下は先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。