銀河戦 丸山忠久九段ー佐藤天彦名人 観戦記

銀河戦 丸山忠久九段ー佐藤天彦名人戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

名人の後手横歩は久しぶりに見ました。おそらく名人戦第1局以来の採用でしょう。青野流に対する△62玉型は名人の得意戦法で、直近では藤井聡太ー西尾戦で指されています。

進んで図2。

図は△27歩と手裏剣を飛ばしたところ。対して①▲同銀も有力で、「Ⅰ」△28歩、▲37桂、△29歩成、▲45桂、△77角成、▲同桂、△28と、▲65桂の攻め合いは先手有利。「Ⅱ」△77角成、▲同金、△74飛車、▲同飛車、△同歩、▲46角は難解な形勢。

本譜は②▲37銀と受けて△74飛車、▲35飛車、△24飛車から進んで図3。

図から▲46角と打ちますが、△84飛車であまり効果がなく、以下▲85飛車、△同飛車、▲同桂には△75飛車が受けの好手で後手優勢となりました。進んで図4。

図で①▲48銀は、△37歩、▲同桂、△同桂成、▲同角、△66桂が見えていますが、本譜との比較は難しいところ。

本譜は②▲56歩と銀を取らせて進んで図5。

▲73桂打が用意の反撃ですが、△同桂、▲同桂成、△52玉の後にあまり手がありませんでした。本譜は、▲66桂、△36角、▲74成桂(図6)

図では①△28歩成、▲同金、△69銀が鋭い寄せでした。以下、▲同玉、△47角成、▲58銀、△78飛車成、▲同玉、△46馬で後手勝勢。

しかし本譜の②△54桂でも大勢に影響は無く、▲73角成、△72銀、▲同馬、△66桂、▲同歩、△46桂、▲57玉、△74飛車、▲41銀に△51玉(図7)と落ちて受かっています。

以下は後手の勝ちとなりました。名人らしい快勝で、準決勝進出となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。