朝日杯 都成竜馬五段ー船江恒平六段 観戦記

朝日杯 都成竜馬五段ー船江恒平六段を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

横歩取り模様から▲58玉は一昔前に流行った手で、先日の名人戦第1局でも参考として触れた戦型です。以下、△52玉と指すと、▲22角成から決戦となります。進んで図2。

図に至るまでの手順は上記リンクの記事を参照してください。

※私も一時期この形ばかり研究していたのですが、アマ大会でそもそも後手で横歩を指す人がいないですし、▲58玉に△42玉等と変化されると実現しないので、ネット対局はさておき、残念ながらリアル対局で日の目を見たことはないですね(笑)

さて、図では①△26飛車、▲39銀、△25飛車が一般的な変化ですが、本譜は②△35角。

しかし、以下▲55桂、△62玉、▲43馬、△52金打、▲34馬となると先手優勢。進んで図3。

図で①△49龍、▲27玉、△44金なら後手も指せる形勢。本譜は②△15角に▲52馬~▲32飛車~▲36飛車成で桂を抜く手が厳しく、以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。