銀河戦 佐藤和俊六段ー渡辺大夢五段 観戦記

銀河戦 佐藤和俊六段ー渡辺大夢五段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図は同じく銀河戦の佐藤ー久保戦と同一の戦型。先日解説した先手中飛車対策②も併せて参照ください(プロの方にも私の研究を知ってほしい(笑))

進んで図2。

ここで①△77角成、▲同桂、△33角なら後手優勢(上記の先手中飛車対策②参照)。

本譜は②△86歩、▲45銀、△87歩成、▲33角成、△同桂、▲74歩、△同銀、▲34銀、△32歩、▲54歩(図3)

図では①△78と、と飛車の活用を急ぐのが急務でした。本譜は②△67角に▲53歩成、△同金、▲同飛車成、△同銀、▲71角(図4)で収拾困難に。

図では悪いながらも飛車を逃げるしかありませんでした。

本譜は△78と、▲82角成、△69と、▲71飛車、△78飛車、▲41飛車成、△31金、▲33銀成、△同歩、▲32金(図5)

▲33銀~▲32金が決め手で、先手が絵にかいたような一手勝ち。

図以下、△同金、▲21金、△13玉、▲32龍、△25金、▲33龍、△49角成、▲24金で先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“銀河戦 佐藤和俊六段ー渡辺大夢五段 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。