斎藤慎太郎七段ー中村太地王座(王座戦第1局)観戦記

斎藤慎太郎七段ー中村太地王座(王座戦第1局)を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は角換わりとなりました。図の△72金は珍しい手ですが、△52金と上がって、△62金と時間差で戻すような将棋もあり(参考:羽生ー豊島戦)、本譜も同じ狙いかと思いましたが…。進んで図2。

△61飛車で△65歩からの仕掛けを見せるのが狙いだったようです。

図では①▲79玉と引いておく手もあり、以下△65歩なら▲同歩、△同銀、▲69飛車で、後手は身動きが取りづらい(65銀が動くと61の飛車を素抜かれる)ため、受かっています。

本譜は②▲35歩から仕掛けました。以下、△同歩、▲45桂、△34銀、▲24歩、△44歩、▲23歩成、△同銀、▲24歩、△34銀、▲23角(図3)。

図では長谷部ー渡辺(大)戦で解説したとおり、①△43金が受けの手筋。以下、▲34角成、△同金、▲23歩、△25歩となれば、先手の攻めが細い展開と言えます。(ただ、上記記事の形よりは72金・61飛車型に伴って52に隙があるため、後手が気を遣います。)

本譜は②△43銀右ですが、これには▲34角成、△同銀、▲23銀で角しかないため、受けが難しい形です。以下、△43角、▲32銀成(▲34銀成との比較は難しい)、△同角、▲22金、△54角、▲23歩成で、少なくとも先手の攻めが切れることはありません。以下、△28歩、▲同飛車、△39銀(図4)

図では①▲24飛車、△48銀成、▲34飛車、△25角と敢えて詰めろ飛車取りをかけさせる手もあり、以下▲33と、△52玉、▲79玉なら玉の安定度が違うため、先手優勢。

本譜は②▲32金、△52玉、▲42金、△62玉(△同玉は▲33と~▲22飛車成)、▲38飛車から難解な局面が続き、進んで図5。

図では①▲46飛車と浮く手もあり、△34桂や△54桂なら▲49飛車と引いておいて、△28角成に▲43金で本譜のように△61桂と受ける手が無くなります。

本譜は②▲47飛車、△28角成、▲43金、△61桂、▲32と、△38馬、▲42と、とお互い我が道を行く攻め合いに。進んで図6。

図の△77歩は手筋で、①▲同桂や②▲同金なら先手玉の77への逃げ道が無くなるため、△47金等で逆転してしまいますが、③▲同玉で、「Ⅰ」△87飛車成、▲同玉、△58飛車成には▲84桂で先手の一手勝ちとなります。

本譜は「Ⅱ」△84飛車と引きましたが、▲67角が手堅い一手で、以下、△65歩、▲85歩、△64飛車、▲53銀、△61飛車、▲52金、△63飛車、▲64桂と自陣を安全にしながら攻めが続きます。進んで図7。

図から△87歩成以下、王手は続きますが、先手玉は詰みません。本譜は△87歩成、▲同銀、△83金打と受けますが、▲74歩、△82金打、▲84金で投了となりました。

挑戦者の斎藤七段が幸先の良いスタートを切りました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。