村山慈明七段ー小林裕士七段(竜王戦) 観戦記

村山慈明七段ー小林裕士七段(竜王戦)を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここまで松尾ー三浦戦と同様。

本局は図から▲55銀左と出ました。以下、△同銀、▲同銀、△86歩、▲同歩、△44銀、▲63歩、△72金、▲44銀、△同歩、▲55銀(図2)

この辺りまでは想定しておきたい局面です。図では①△47銀と打てば後手も相当でした。以下、▲同金は△58角があります。

本譜は②△54銀と打ちましたが、▲同銀、△55角、▲77銀、△54歩でコビンが開いたのが痛く、▲45歩、△同歩、▲56銀、△22角、▲65銀(図3)

最後の▲65銀が好手で、多少の駒損でも飛車を捌けば玉形の差で有利となります。以下先手の勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“村山慈明七段ー小林裕士七段(竜王戦) 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。