稲葉陽八段ー糸谷哲郎八段戦(順位戦A級) 観戦記

稲葉陽八段ー糸谷哲郎八段戦(順位戦A級)を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は阪田流向かい飛車。糸谷八段は藤井聡太戦でも採用しています。

図から▲45桂で戦いは始まります。進んで図2。

図から▲57銀、△36歩、▲66歩、△同歩、▲同銀、△35金、▲65歩、△76桂、▲64桂、△62金、▲58金、△24角、▲95歩、△同歩、▲67金と桂を取りに行きますが、先手の形がかなり乱れるため、桂得でも先手大変。進んで図3。

図から▲75桂、△74銀、▲同金、△同歩、▲52桂成(△同金は▲53飛車成が王手)、△64歩、▲62成桂、△75歩、▲66玉(図4)

両者の対戦らしい華々しい応酬です。

図から△83玉がいかにも糸谷調。以下、先手は後手玉を捕まえることができず、後手勝ちとなりました。

糸谷八段の怪力が発揮された1局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“稲葉陽八段ー糸谷哲郎八段戦(順位戦A級) 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。