銀河戦 佐藤和俊六段ー久保利明銀河戦 観戦記

銀河戦 佐藤和俊六段ー久保利明銀河戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は先手中飛車となり、なんとここまで先日私が解説した先手中飛車対策②どおりの展開。

解説したとおり、図で①△75歩なら後手優勢ですが、本譜は②△24歩から駒組みが進みました。進んで図2。

図から▲45歩、△同歩、▲35歩で戦いが始まります。こういった展開になると後手玉の薄さが響いて実戦的に勝ちづらい展開。進んで図3。

図では①▲45飛車で、「Ⅰ」△33角なら、▲25飛車、△22歩、▲45桂で、「Ⅱ」△33桂なら、▲43飛車成、△同金、▲23金で先手優勢でしたが、本譜は②▲27銀以下、進んで図4。

図では飛車を逃げずに①▲52金で決まっていました。以下、△35歩は▲41角から▲23歩成が厳しいですが、他に適当な受けもありません。

本譜は②▲36飛車、△81飛車以下、後手に粘られ、進んで図5。

図は44に金を打つか銀を打つか迷いますが、①▲44銀が正着で、先手勝勢でした。

本譜の②▲44金には、△29金、▲17玉、△35角で金を抜いて粘る筋がありました。進んで図6。

図では①△44金で後手勝ちでした。以下、▲同銀、△15歩、▲33歩成、△52玉で、後手玉は寄らず、先手玉は受けがありません。

本譜は②△35同銀としたため、▲33歩成、△同金、▲53角、△32玉、▲54馬、△43銀、▲35角成と要の銀を取られて先手が盤石の態勢となり、以下先手の勝ちとなりました。

久保銀河が苦しい局面かららしい粘りを見せて、非常に面白い終盤戦でした。佐藤六段の終始振り飛車らしい指し回しも参考になる1局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“銀河戦 佐藤和俊六段ー久保利明銀河戦 観戦記” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。