叡王戦 横山大樹アマー今泉健司四段戦 観戦記

叡王戦 横山大樹アマー今泉健司四段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

アマチュアの全国大会を彷彿とさせるカードですが、プロ棋戦で実現したというのが凄いですね。(私もこの舞台で指せるようがんばりたいと思います)

さて、戦型はなんとつい先ほど行われた、叡王戦 梶浦宏孝四段ー西田拓也四段戦と同一に。今泉さんはゴキゲン中飛車かなと思いましたが、この対局を見て四間飛車を指してみたくなったということはあるでしょう。

飛車を引かずに▲26角と出たのが工夫で、図で①△72金はそれこそ▲74歩で、後の▲53角成が王手になるため、先手有利となります。

従って本譜は②△74歩と収めて駒組が続くと思いきや、すぐに▲35歩、△同歩、▲34歩と仕掛けました。(図2)

しかし以下、△44角、▲15角、△52飛車で結果的にあまりうまくいきませんでした。

以下、▲46歩、△14歩、▲26角、△42飛車、▲45歩、△同銀、▲48飛車、△34銀で二歩損だけが残ることに。進んで図3。

▲45桂と仕掛けましたが、△22角で攻めがありません。先手は69金の離れ駒も痛すぎます。以下、▲35銀に△45飛車から飛車交換となり進んで図4。

両取りに構わず△75桂が良いタイミング。この局面では①▲68金と引くと、手順に△66角と出られてしまいますし、②▲77金と寄るのは△85桂が厳しい手になります。

本譜は③▲22飛車成ですが、△67桂成、▲44銀(図5)

図は後手勝勢に見えますが、普通に①△29飛車は▲53銀成、△69飛車成に▲71角と打つ手があり、△同玉(逃げるのは▲72龍から詰み)、▲63成銀、△82玉、▲79金でややこしいことになります。

しかし流石は今泉四段、②△62金打とがっちり受けて逃しません。進んで図6。

図から①△26飛車成、▲67桂に△76角の両取りがあったので、ほぼそれまででしたが、本譜は②△56銀。やはり人間同士の勝負は何が起こるか分かりませんね。

以下、「Ⅰ」▲53銀成から清算して▲81金、△93玉、▲71角ならもう一勝負といったところでしたが、本譜は「Ⅱ」▲35角と逃げたため後手に怖いところが無くなり、△19飛車成以下後手勝ちとなりました。

今泉四段がプロの貫禄を見せて完勝でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“叡王戦 横山大樹アマー今泉健司四段戦 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。