王将戦 三浦弘行九段ー菅井竜也王位戦 観戦記

王将戦 三浦弘行九段ー菅井竜也王位戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手の三間飛車に対し、先手は角道を止めたまま仕掛けていきました。相手が振り飛車党と分かっているからこそできる仕掛けですね。

図から△35歩、▲同歩、△45歩と振り飛車らしい捌きに対し、▲24歩、△同角(△同歩は▲44歩が痛い)、▲76歩(図2)

図では先に①△36歩と打つべきでした。以下、▲11角成、△35飛車と進めば本譜に合流しますが、本譜の②△35飛車には一回「Ⅰ」▲36歩と打つ手があり、△同飛車、▲11角成の展開は先手有利でした。

本譜は「Ⅱ」▲11角成、△35飛車、▲24飛車、△同歩、▲44馬、△37歩成、▲35馬、△48と、▲同金と激しい展開に。進んで図3。

図では①△58銀と攻め合えば後手有望でした。以下、「Ⅰ」▲同金、△同成桂、▲同金は△49龍、「Ⅱ」▲42香成は△69銀、▲同金寄、△55桂が受けづらい手になります。

本譜は②△51銀で攻め駒不足になってしまい逆転。進んで図4。

図では①▲82銀とすれば、以下△66角、▲同銀、△86銀、▲同玉、△85金、▲同玉、△63角、▲86玉、△85銀、▲77玉、△72角(参考図)

参考図で「Ⅰ」▲71角は△86銀が好手で、以下▲同玉(▲67玉は△75桂、▲同銀、△77金以下詰み)、△87金、▲96玉に△63角と出る手があり、85に合駒をしても取って△74龍の筋があるため、詰みとなります。

しかし「Ⅱ」▲62金が△63角を消しながら必死をかける好手で、先手勝ちでした。

本譜は図4から②▲84歩としたため、△63角で逆転。以下後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。