銀河戦 豊島将之八段ー伊藤真吾五段戦 観戦記

銀河戦 豊島将之八段ー伊藤真吾五段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は横歩取りの青野流となりました。図では△77角成~△55角のような手が多い(参考:木村ー稲葉戦)ですが、本局は②△74飛車とぶつけました。

対して、「Ⅰ」▲同飛車もありますが、本局は「Ⅱ」▲35飛車と引いて進んで図2。

図△82銀が危険な一手で、▲45桂で早くも先手優勢となりました。

以下、△88角成、▲同桂、△34歩で飛車の行き場所が無いように見えますが、▲53桂成(図3)が切り返し。

図のように桂を捨てても先手優勢という変化は近年よく見られるようになった光景です。

図以下、△同玉、▲55飛車、△54歩、▲65桂、△44玉、▲56飛車(図4)

先手は▲56飛車と後手を引いたようですが、次に▲46飛車から▲15角のような筋が厳しいです。

図以下、△25飛車、▲46飛車、△45桂と受けますが、▲35歩(図5)が手筋。

①△同飛車は▲53角がありますが、本譜のように②△同玉には▲45飛車、△同玉、▲37桂の王手飛車取りが決まります。進んで図6。

図で▲46銀が王手をかけつつ57の地点を守る攻防の一手で先手勝勢。進んで図7。

図から▲72龍、△同銀、▲71角が鋭い寄せ。以下、△53金しかないですが、▲56桂、△43玉、▲44金、△同金、▲同角成以下寄りとなり先手勝ちとなりました。

先手が貫禄の完勝でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。