順位戦A級 阿久津主税八段ー豊島将之棋聖戦 観戦記

順位戦A級 阿久津主税八段ー豊島将之棋聖戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は先手の矢倉に対し、飛車先を切らせる作戦を選択しました。図の△44角は▲36銀に△33桂を見せた一手。

対して先手は▲26銀としますが…

△24歩から△23金が形に囚われない構想でした。進んで図3。

先手は使いづらい角をぶつけますが、△同角成、▲同香で香が上ずるためあまり嬉しい展開ではありません。進んで図4。

先手は右玉から▲35歩と仕掛けていきました。図で△25歩が受けの手筋で、▲同桂、△同桂、▲同飛車、△35歩とすれば、①▲35同銀には△19角成と取れるようになります。

本譜は②▲58玉に△34金(図5)が味の良い一手。

図で①▲22飛車成は△21飛車のぶつけがあり、飛車交換になると、先手玉は持ちません。仕方のない②▲29飛車に△25歩から進んで図6。

図では①△55桂もありましたが、本譜は②△85桂打、▲同歩、△同桂、▲88銀、△87歩(手筋)、▲同銀、△97桂成、▲同桂、△同角成、▲86歩、△87馬、▲同金、△38銀(図7)

両取りが決まり後手優勢に。以下後手勝ちとなりました。

図以下合駒するしかありませんが、後手玉に迫る手が無くなり、投了やむなしとなりました。

豊島棋聖が独創的な序盤から緩みない中終盤力を発揮し、快勝で連勝スタートとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。