叡王戦 澤田真吾六段ー八代弥六段戦 観戦記

叡王戦 澤田真吾六段ー八代弥六段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は角換わりから後手が早めに角を据えて7筋を交換する展開で、名人戦第3局羽生ー佐藤戦が類型になります。図から▲58玉で上記対局とは異なる展開に。進んで図2。

図から▲25桂、△42銀、▲66歩で先手優勢に。進んで図3。

図から▲44歩は筋の攻めですが、△同歩、▲43歩、△同金、▲45歩、△32玉が粘り強く、容易には崩れません。進んで図4。

図では①▲44歩、△同金、▲45歩、△同金、▲46歩、△44金、▲73銀が好手で攻めが続きます。

本譜は②▲35歩以下進んで図5。

図では①▲34歩が有力でした。△同金なら▲43銀があります。本譜は②▲63歩~▲23銀と攻めますが…

図から△53玉と逃げて後手玉が寄りづらい形となりました。以下▲44歩と取りこみますが、4筋の歩が切れたため後の△46歩が厳しくなり、後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。