第77期順位戦A級 糸谷哲郎八段ー三浦弘行九段戦 観戦記

第77期順位戦A級 糸谷哲郎八段ー三浦弘行九段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は流行の雁木となりました。先日の銀河戦八代ー渡辺戦でも出ています。

対して先手は右四間飛車から速攻を仕掛けました。進んで図2。

図では①△44歩と受ける手もありました。以下、「Ⅰ」▲85飛車は、△同飛車、▲同桂に△55角が厳しいですし、「Ⅱ」▲48飛車は△86歩、▲同歩、△95歩、▲同歩、△27角のような反撃があります。

本譜は②△28角に対し、▲71銀(図3)。

図では①△84飛車と浮く手がありました。以下、▲66角、△44歩、▲48飛車で困ったようですが、△19角成、▲84角、△37馬と進めば後手は飛車を取られたものの駒の効率が良く指せていました。

本譜は②△83飛車に▲72角が厳しく、以下△84飛車、▲44歩、△54銀、▲同角成、△同歩、▲43銀(図4)と絡みつかれ、受けづらくなりました。

図から△37角成と勝負しますが、▲42銀成以下後手玉は風前の灯となります。進んで図5。

図では①▲33同金、△同桂、▲24歩、△22金に▲15歩が好手で寄っていました。以下、「Ⅰ」△45桂は▲14歩、△12玉、▲13歩成、△同金、▲23歩成で寄りとなりますし、「Ⅱ」△同歩は、▲同飛車、△同馬、▲同香、△14歩に▲35角が両王手含みの一手で受けがありません。

本譜は②▲35とに、△86歩、▲同歩、△74桂、▲69金、△58銀(図6)が鋭い寄せ。

①▲同金は△86桂で「金なし将棋に受け手なし」でほとんど必死となります(▲87歩も△78桂成、▲同玉、△89角で詰み)。

仕方のない②▲85桂ですが、△86桂、▲15歩、△同歩、▲87歩に△85飛車が決め手で、▲同飛車、△69銀成、▲同玉に△47角(図7)と打てるようになります。

図で①▲79玉は△69金以下詰みとなるため、②▲58銀を受けるしかありませんが、銀を手放したため、後手玉の詰みが消え、△78桂成、▲同玉、△58角成で以下後手勝ちとなりました。

三浦九段が劣勢から終盤力を発揮し逆転勝ちを収め、連勝スタートとなりました。糸谷九段にとっては残り時間をかなり余しながらの逆転負けで残念な結果となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。