王将戦 飯島栄治七段ー阿部隆八段戦 観戦記

王将戦 飯島栄治七段ー阿部隆八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は相掛かりとなりました。図から▲23歩が最近見るようになった手。昔は直接的過ぎて指されなかったですが、ソフトが好むために評価されるようになってきた手です。しかし直ぐに決まるわけではありません。以下進んで図2。

▲66角は一瞬ヒヤッとする手ですが、△89飛車成には▲24飛車があるため問題ありません。進んで図3。

図では①△65桂、▲46歩、△54飛車が勝りました。以下、▲25飛車には△13桂と逃げる手があります。

本譜は②△29歩成、▲21と、△65桂としたため、▲46歩、△54飛車、▲25飛車で先手優勢となりました。以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。