第77期順位戦A級 深浦康市九段ー羽生善治竜王戦 観戦記

第77期順位戦A級 深浦康市九段ー羽生善治竜王戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

流行の相掛かり▲68玉型で、ここまで先日の深浦ー豊島戦と同様の進行。以下、△84飛車と引いて駒組が進みます(図2)。

▲87歩を保留する指し方は豊島戦と同様ですが、▲66角と早くも決断の一手を放ちました。対して△75歩は手筋で飛車を四段目に利かしておくことで受けやすくします。進んで図3。

後手は△35歩と桂頭を攻めて行きました。対して▲26飛車に△36歩は▲同飛車が金当たりになりますので、じっと△73桂。以下、先手に▲35歩と取らせてから△36歩とすることで▲同飛車が金当たりにならず、△28角と打ち込むことができます。進んで図4。

▲27銀で手が無いようですが、△24歩と歩を補充する手がありました。

以下、▲38金、△25歩、▲34歩に△35歩(図5)

①▲16飛車は△34飛車~△36歩があるため、②▲同飛車、△26歩、▲同銀、△18馬で後手が香得に成功し、優勢となります。進んで図6。

先手は苦しいながら▲66桂~▲84歩で、次に▲96歩から飛車を捕獲する手を狙いますが、この瞬間は後手に手段が多いです。

本譜は△43桂、▲37飛車、△36歩、▲同飛車、△18馬と飛車を狙います。対して2筋に歩が利かないため、▲37銀と引くよりなく、後手は飛車を取って攻めて行きます。進んで図7。

図では①△64香と手堅く受けておけば後手優勢でした。

本譜は②△64歩、▲同角、△62金と受けたため、▲34歩、△32金、▲33歩成、△31金に▲74桂(図8)が生じました。

対して、①△61金は▲54銀が鋭い一手で、△同歩、▲31角成で寄りとなります。従って②△63金ですが、▲43と、△同玉に▲55桂が生じました。進んで図9。

図では①▲34桂、△44歩、▲42桂成、△同玉、▲34銀と迫るのが明快でした。以下△32銀なら、▲23歩成、△同龍、▲同銀成、△同銀、▲21飛車。

本譜は②▲53銀成以下進んで図10

図では①▲32と右が勝り、△45金、▲63桂成、△同角、▲45歩なら先手有望でした。本譜は②▲83歩成、△47と、▲72とになんと△58と、▲同金、△同龍以下先手玉が詰んでしまいました。

図以下、△68銀、▲同金、△88銀が手筋で、▲同玉に△79銀以下詰みとなりました。

羽生竜王がかなり優勢の展開から、深浦九段の粘りが功を奏し、一時は逆転しましたが、最後は流石羽生竜王といった勝ち方でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。