銀河戦 八代弥六段ー渡辺明棋王戦 観戦記

銀河戦 八代弥六段ー渡辺明棋王戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は流行の角換わり拒否型の雁木。最近では稲葉ー三浦戦で出ています。

先手の対策は様々ですが、本局は相雁木となりました。

類型で、谷川ー木村戦がありますが、先手は9筋を詰めることができているのはポイントと言えます。

図から△65歩、▲同歩、△75歩と仕掛けますが、やや軽い仕掛け。以下▲64歩が手筋で△62飛車に▲24歩、△同歩(△同角は▲45歩)▲25歩の継ぎ歩の手筋が決まり、△64飛車、▲24歩、△22歩(図3)となっては先手がかなりポイントを挙げました。

右辺でかなりポイントを挙げたので、後は左辺をうまく収めれば自然と有利になるということで、▲75歩から丁寧に受けます。進んで図4。

図では①△76桂と銀を取るべきでした。本譜は②△39角と打ちましたが、▲32と、△同金、▲64馬と根本の桂を取られ、△28角成には▲53馬が王手飛車となるため、後手は桂の丸損となってしまいました。進んで図5。

図では①▲62飛車と王手桂取りをかけたくなりますが、△52歩、▲64飛車成の瞬間後手玉が遠くなります。

本譜の②▲53馬が「終盤は駒の損得より速度」の格言に倣う一手で、次の▲41飛車がほとんど必死となります。以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“銀河戦 八代弥六段ー渡辺明棋王戦 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。