銀河戦 豊島将之八段ー郷田真隆九段戦 観戦記

銀河戦 豊島将之八段ー郷田真隆九段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

青野流に対し△82飛車は珍しい手。以下、▲36歩に△88角成、▲同銀、△33金、▲83歩、△22飛車で転換するのが狙いです。勇気流でも似たような筋はありました(参考:藤井聡太ー上村亘戦)。以下、▲23歩、△同飛車、▲24歩、△22飛車、▲84飛車(図2)

図から先手に▲37桂と跳ねられると33金が狙われてしまいますので、△55角、▲37角、△44角と桂の活用を防ぎつつ△24飛車を狙います。対して▲75歩、△26歩、▲28銀、△72金、▲74歩、△24飛車、▲73歩成(図3)と一直線の攻め合いになります。

図では、①△27歩成とし、▲46角ならそこで△73金と戻し、▲24角、△84金、▲33角成、△同角と進めるべきでした。

本譜は②△73同金に▲同角成、△同桂、▲82歩成が厳しく先手優勢に。

以下大熱戦となりましたが、最後は先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。