第26期銀河戦 羽生善治竜王ー森内俊之九段戦 観戦記

第26期銀河戦 羽生善治竜王ー森内俊之九段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

昨年のJT杯以来約1年振りに実現したゴールデンカード。戦型は相居飛車の力戦型となりました。

図の△32銀は稀に見る手で、飛車先を切らす代わりに銀冠に組もうという手です。進んで図2。

先手は一目散に攻撃態勢を築き、▲45歩と攻めます。後手は23銀が働いていないのが痛く、図では既に収拾困難となっています。

図以下、△45同歩、▲同桂、△77角成、▲同桂、△64銀、▲44歩(図3)

図の▲44歩は相居飛車の△43金型には出てくる手筋で、①△同金なら▲71角があります。

従って②△42金引とするしかないですが、そこで▲22歩がまた手筋。「Ⅰ」△同金なら▲53桂成~▲43歩成があります。本譜は「Ⅱ」△33桂以下進んで図4。

図から▲33桂成が決め手。以下、△同金に▲44飛車と切り、△同金、▲83金で受けがありません。以下先手勝ちとなりました。

羽生竜王が攻め続けて快勝となりました。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。