第31期竜王戦決勝トーナメント 久保利明王将-広瀬章人八段戦 結果速報(観戦記)

第31期竜王戦決勝トーナメント 久保利明王将-広瀬章人八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

両者の対戦は、今年に入ってから朝日杯竜王戦予選順位戦に続き4度目で、タイトル戦で顔を合わせていない割にはよく当たっている印象。

図1は何気ない序盤ですが、ここで①▲55歩は△54歩があるというのは、先手中飛車対策で述べたとおり。

対して本譜は②▲77角ですが、私の自戦記でも述べましたが、後手番としては不満はない展開です。進んで図2。

図は穴熊を明示したところ。角交換振り飛車に穴熊はあまりバランスが良いとは言えないですが、穴熊王子と呼ばれていた広瀬調ではあります。進んで図3。

▲36歩とコビンが開いた瞬間△72飛車と動きを見せました。このように隙ができた瞬間動くのは1つのタイミングです。

以下、▲66銀、△65歩、▲同桂、△64銀で次に△62飛車と回られると桂が助かりませんので、先手としても動いていくしかありません。

以下、▲61角、△62飛車、▲52角成、△同飛車、▲63金、△51飛車、▲64金、△82角、▲55銀、△54歩、▲73桂成、△同桂、▲46銀、△35歩(図4)

ここまで久保王将らしく手順に66の銀を46に持ってきて振り飛車ペース。

図は嫌味を付けてきたところですが、①▲同歩もありました。以下、△61飛車、▲54金、△36桂には「Ⅰ」▲18玉もありますが、「Ⅱ」▲37玉、△28角、▲36玉、△19角成、▲37桂の順も空中要塞が意外と寄りづらい形。

本譜は②▲37銀上以下進んで図5。

図から△33銀が穴熊流の一手で、飛車よりも自玉の固さを優先します。

進んで図6。

図は後手玉がゼットの形をしているため、詰めろの連続で迫れば勝ちとなるため、△37銀から寄せて行きます。進んで図7。

図から△37角が決め手で、▲同玉、△45桂、▲28玉、△37金で投了となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。