第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント 深浦康市九段ー行方尚史八段戦 観戦記

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント 深浦康市九段ー行方尚史八段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は雁木対右玉となりました。図から▲35歩、△同歩、▲46銀と仕掛けましたが、△65歩の反撃が厳しく、無理筋だったようです。進んで図2。

図で△34同銀が好手。以下、▲同銀、△46角から香車を取り、66に打ち込むのがこの場合は、厳しい一手でした。進んで図3。

図の△67歩が手筋で、▲同金、65歩、▲77銀、△64馬で攻防ともに手厚くなり、以下後手の勝ちとなりました。

左辺を軽くいなし、右辺を手厚くして勝つという右玉らしい勝ち方でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。