叡王戦 木下浩一七段ー宮田敦史七段戦 観戦記

叡王戦 木下浩一七段ー宮田敦史七段戦を振り返ります。戦型は先手中飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

当ブログでも何度か紹介している形(参考:先手中飛車対策)。

しかし図の△74歩はやや危険な手で、厳密には△52金、▲46歩の交換を入れてから突くべきです。理由は本譜で明らかになります。

図から、▲57銀が新手。△55銀と取られるので考えづらいですが、以下▲56銀とぶつけて王手飛車含みでさばく狙いです。

※余談ですが、前回上記「先手中飛車対策」の記事を書いた際に知り合いのアマ強豪から、「あの作戦は▲57銀で先手必勝ですよ。」とラインで連絡がありました。このような連絡は研究のキッカケになり歓迎なので、是非どんどん連絡ください。

さて、▲57銀以下△55銀(△73銀も有力)、▲56銀、△64銀、▲22角成、△同玉、▲45銀(図2)

このような展開になると上記で述べた、△52金と▲46歩の交換を入れた方が明らかに得なのが分かりますね。

図以下、△32金、▲77角、△33角、▲66歩、△75歩、▲65歩(図3)

図で①△65同銀は▲34銀で王手飛車のラインがあるため、受けづらいです。

本譜は、②△73銀ですが、これでは後手が辛くなりました。進んで図4。

図では指しづらいですが、①▲52金と入るのが好手で、△72金、▲32角、△64銀、▲11成桂まで進むと次の▲68香が受けづらいです。

本譜は②▲52と、△43玉で難しい戦いに。進んで図5。

図から▲33飛車成、△同玉、▲58金打が振り飛車らしい勝ち方。美濃囲いが全く寄らなくなりました。以下先手勝ちとなりました。振り飛車のお手本のような1局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“叡王戦 木下浩一七段ー宮田敦史七段戦 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。