Abema TVトーナメント 藤井聡太七段ー近藤誠也五段戦 観戦記

Abema TVトーナメント 藤井聡太七段ー近藤誠也五段戦を振り返ります。戦型は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここまで石田ー近藤戦とほぼ同じ進行。ここで▲47歩、△64角、▲46角が手筋で、以下、△同角、▲同歩となれば桂の支えが復活します。進んで図2。

▲33歩成に①△同桂は▲15香が好手。以下、△同香、▲34歩、△45桂、▲同歩、△同銀、▲同銀、△同銀に▲44桂があります。

本譜は②△同銀ですが、駒損になるため、苦しい受け。進んで図3。

図の▲71角が決め手。53を守るために△83飛車ぐらいですが、▲62角成が▲72馬や▲61馬を見ており後手は収拾不可能となり、以下先手の勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。