JT杯 稲葉陽八段ー渡辺明棋王戦 観戦記

JT杯 稲葉陽八段ー渡辺明棋王戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手は△73銀の力戦型を採用。最近では広瀬ー永瀬戦豊島ー阿部戦で指されています。図では①▲16歩もありましたが、本譜は②▲66歩から雁木の構築を急ぎました。進んで図2。

図は手が広いところですが、本譜は▲45桂と積極的に跳ねていきました。進んで図3。

ここで①▲29飛車と引いておけば無難でしたが、本譜は②▲15歩。対して、

△33桂、▲29飛車、△75歩、▲同歩、△45銀、▲同歩、△76歩、▲同銀、△66桂(図4)

途中△45銀で△45桂は▲同歩が銀に当たり後手を引くため、銀から行くのが手筋で桂馬の両取りがかかりました。

図では①▲68金右が勝り、以下△78桂成、▲同金、△45桂、▲46銀、△66金、▲45銀、△76金、▲46桂の攻め合いは先手に分があります。

本譜は②▲67金左以下、進んで図5。

図では①▲61飛車、△41金打を先に決めて、▲66銀打と受ければ先手優勢でした。

本譜は▲46桂とこちら側を受けましたが、△45銀、▲61飛車、△41金打、▲37銀に△77角成と桂を取られたのが痛く後手優勢に。

以下後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“JT杯 稲葉陽八段ー渡辺明棋王戦 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。