C級2組順位戦 石井健太郎五段対中座真七段戦 観戦記

C級2組順位戦 石井健太郎五段対中座真七段戦を振り返ります。戦型は相掛かりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図は先手の雁木に対し、後手は歩越しの64銀型。個人的には歩越し銀よりは先手の形を持ちたいですね。

以下△54銀に▲35歩、△同歩、▲69玉(図2)が現代調の動き。最近は早めに突き捨てても損にならないケースが多いです。

以下、△52金に▲56歩、△同歩、▲45歩と仕掛け、後手も△86歩、▲同歩、△85歩、▲同歩、△86歩(図3)と継ぎ歩~垂れ歩で反撃します。

しかし、以下▲77角、△85飛車、▲88歩でへこまされても、雁木の場合そこまで痛くありません。

以下、△55銀右、▲65歩、△同飛車に▲53歩が手筋の一着(図4)

①△53同金は▲86角、△42玉、▲77桂で飛車が捕まります。

仕方のない②△42金右ですが、玉頭にあまりにも大きなくさびが入りました。以下、▲75歩、△同飛車、▲56銀右、△64銀、▲44歩、△74飛車、▲65歩(図5)

①△53銀は▲55歩で銀が捕まるため、②△65同銀しかありませんが、▲同銀、△同銀、▲43歩成、△同金右、▲52銀、△42玉、▲22角成、△同金、▲31角、△同玉、▲43銀成(図6)

図で後手の投了となりました。以下、△32金には▲23飛車成(△同金は▲32金で詰み)が決め手となります。

先手が作戦勝ちから快勝した一局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。