AbemaTVトーナメント 永瀬拓矢七段ー佐々木勇気六段戦

AbemaTVトーナメント 永瀬拓矢七段ー佐々木勇気六段戦を振り返ります。戦型は相掛かりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

▲26銀型が相掛かりでは珍しい形。

図では①▲25銀もありました。以下、△85銀、▲24歩、△同歩、▲同銀、△76銀、▲23銀成となれば先手の攻めが一手早いです。

本譜は▲22角成、△同銀、▲77桂で後手の銀の進出を食い止めますが、△63銀と出た銀を引いて、△74歩から桂頭を狙います。進んで図2。

図では①▲86歩と突いて、△75歩に▲87金(▲87銀は△76歩、▲同銀、△86飛車)とすれば難解な戦いでした。

本譜は②▲65桂と跳ねましたが、△75歩、▲同歩、△52金、▲77銀、△37角成、▲同桂、△64歩で桂損となり、以下後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。