A級順位戦 稲葉陽八段ー久保利明王将戦

A級順位戦 稲葉陽八段ー久保利明王将戦を振り返ります。戦型は角交換振り飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手は△33角と上がる形を選択。対しては▲同角成として△33桂型を強要するのが良くみられる指し方です。以下進んで図2。

△22飛車の瞬間▲77角と打つのが手筋。この形の場合受けるには△42銀ぐらいですが、以下▲36歩から銀を繰り出して後手の桂頭を狙いにいきます。進んで図3。

△74歩では△84歩や△53角として▲35歩を防ぐ手も指されているところでした。

図で先手としては当初の狙い通り▲35歩、△同歩、▲同銀と攻めていきたいところですが、△64角がカウンターで、以下▲46銀、△44歩、▲同角、△45歩、▲37銀が一例ですが、先手が一歩得であるものの37銀がくぎ付けのため、簡単ではありません。

従って本譜は駒組が進んで図4。

先手は▲38飛車から打開する順を選択しました。対して後手は73の桂頭を守るため、△83銀としましたが、離れ駒ができた瞬間▲35歩と仕掛けて先手好調。

以下△同歩、▲同飛車に、次の▲34歩を防ぐために△34歩と捨てる必要があるのが後手の辛いところです。進んで図5。

△28角で後手が先に桂香を拾える形ですが、ここで▲66角、△19角成、▲85歩が格調高い手順でした。以下△29馬で桂香損ですが、▲84歩の取りこみがそれ以上に厳しい一手。進んで図6。

後手の玉頭への2枚の垂れ歩が大きく、▲34歩で駒損も解消できる形となり、先手優勢。以下先手快勝となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“A級順位戦 稲葉陽八段ー久保利明王将戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。