竜王戦決勝トーナメント 千葉幸生七段ー深浦康市九段戦

竜王戦決勝トーナメント 千葉幸生七段ー深浦康市九段戦を振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

戦型は雁木となり、お馴染みの▲35歩の仕掛けを敢行しました。類型で、松尾ー橋本戦佐藤ー大石戦があります。

本譜はここで△74歩とし、▲34歩、△同銀、▲38飛車、△73銀、▲26銀、△43銀、▲35銀、△64銀、▲34歩、△22角、▲88銀、△75歩、▲36飛車、△86歩(図2)

図は▲同歩が自然でした。以下、①△85歩(取ると、△76歩、▲同飛車、△85飛車が35銀に当たる)は▲75歩、△86歩、▲78金で本譜より得していますし、②△76歩、▲同飛車、△72飛車も▲74歩と受けておいて、▲26飛車から▲24歩の攻め筋が残っているため先手十分でした。

本譜は▲78金と受けましたが、ややひねった感じの手になります。以下、△87歩成、▲同銀、△86歩、▲同角、△45歩、▲83歩、△同飛車、▲84歩(取ると▲95角の王手飛車)、△82飛車、▲77角、△同角成、▲同桂、△86歩、▲同銀、△46歩(図3)

ここは①▲83角としておけば、次の▲74角成~▲83歩成や場合によっては▲77の桂を跳ねて行くような手があり、先手がやや指せる形勢でした。

本譜は②▲46同飛車、△55角、▲74角に△86歩、▲同銀、△84飛車の角銀両取りで収拾がつかなくなりました。

以下①▲85銀は△74飛車~△46角~△76歩が厳しいです。

本譜は②▲75歩、△46角、▲同銀、△86飛車に▲95角の王手飛車は△73歩の角取りで受かるため、後手の銀得だけが残り、以下後手の快勝となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。