藤井聡太の次の一手(2018年6月編)

藤井聡太の6月の対局を次の一手形式で振り返ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

<第1問>

図は既に先手勝勢ですが、藤井聡太らしいカッコいい決め手があります。考えてみてください。

*****

*****

正解は▲75飛車!

飛車を切って△同角に▲78香が自玉の固さを活かした手順で、後手投了となりました。後手陣は▲74歩の傷等があり、支えきれません。

代えて▲73角成、△同金、▲65桂と答えた方がいらっしゃれば、それもかなり鋭い寄せです。

参考:藤井聡太ー中村亮介戦

 

<第2問>

これはあまりにも有名ですが、知らない方がいれば覚えましょう。

*****

*****

正解は△7七同飛車成!

飛車をぶった切る奇跡の一手。対して▲同桂は△7六桂で寄り筋のため、▲同金ですが、△8五桂が△6八銀以下の詰めろとなり勝負ありました。

参考:石田直裕ー藤井聡太戦

<第3問>

図はお互い中段玉の激戦。目が回りそうですが、ここで藤井聡太が指した一手をお考え下さい。

*****

*****

正解は△6七銀!

銀をタダで捨てますが、取ると△6九飛車成以下詰みとなります。

本譜は▲46玉に△55角以下寄り筋となりました。

参考:近藤誠也ー藤井聡太戦

 

<第4問>

図は先手勝勢ですが、藤井聡太の指したスマートな一手を考えてください。

*****

*****

正解は▲5二歩!

龍取りを恐れてはいけません。後手は金が無いため、42・32の地点が同時には受かりません。以下、△同金に▲32銀打、△51玉、▲52銀成、△同飛車、▲62金で詰みとなりました。

参考:藤井聡太ー橋本崇載戦

 

<第5問>

図は「と金」を作られて後手が苦しそうな局面。しかし次の一手で景色が一変します。お考え下さい。

*****

*****

正解は△9五歩!

▲同歩には△97歩~△65歩で角が利いてきます。「と金」を反対側に作られても、玉側で勝負すれば良いという大局観が光りました。

参考:深浦康市-藤井聡太戦

 

<第6問>

ここは序盤のセンスが問われる局面です。藤井聡太が指した一手をお考え下さい。

*****

*****

正解は△3三金!

通常悪形と言われる形ですが、この場合は2~4筋を手厚くする柔軟な好手でした。以下△32玉~△43銀となれば、バランスの良い構えとなります。

参考:都成竜馬-藤井聡太戦

 

<第7問>

難解な終盤の入り口辺りの局面。ここで当たりを強くする手筋があります。お考え下さい。

*****

*****

正解は△7八歩!

単に△76歩は▲33歩と攻め合われた時に△77歩成が甘くなります。

△78歩、▲同金を利かしてから△76歩と打てば、△77歩成の後、金を取ることができるため、手抜くことができません。

以下先手も▲95角と応酬し、難解な戦いが続きましたが、最後は先手の勝ちとなりました。

参考:増田康宏-藤井聡太戦

 

以上6月の将棋から次の一手7問でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。