NHK杯 阿久津主税八段ー渡辺明棋王戦

阿久津ー渡辺戦を振り返ります。戦型は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

阿久津ー斎藤戦では△65歩と歩を取らせない手を選びましたが、本局は△52金。64歩を取られても良いという大胆な手ですが、歩損よりも手得を重視するのは現代調です。進んで図2。

△64角は角換わりでよく出てくる手筋で、▲46角と合わせて、△同角、▲同歩で47に角を打ち込むスペースができます。以下、△34歩、▲26銀と引かせて△75歩から進んで図3。

 

ここでは①▲82角が有力でした。以下△65歩、▲77銀、△85桂、▲86銀、△77歩、▲68金左、△76角、▲88玉、△66歩、▲79歩が一例で受かっています。

本譜は▲83角、△54飛車、▲47角成と馬を作りましたが、△95歩、▲同歩、△97歩、▲同香、△74角が返し技。以下後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“NHK杯 阿久津主税八段ー渡辺明棋王戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。