王座戦準決勝 斎藤慎太郎七段ー藤井聡太七段戦

斎藤ー藤井戦を振り返ります。戦型は雁木となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

▲25歩を決めずに▲26歩のまま保留する形に対しては雁木が流行しています。しかし藤井七段は角換わりを得意としている印象がありますので、やや意外な戦型選択です。進んで図2。

先手の腰掛銀に対して後手は△73銀から△64銀と銀を繰り出していきました。斎藤七段は直近の順位戦(斎藤ー野月戦)で似たような将棋を指していますので、藤井七段としてもある程度対策を立てて来たのかもしれません。

図から先手は▲45歩といきなり仕掛けていきました。対して①△45同歩もあったところですが、本譜は②△54歩、▲48飛車、△45歩、▲66歩、△55歩、▲65歩、△56歩、▲64歩、△77角成、▲同桂(図3)と激しい攻め合いに。

ここでは①△64歩、▲45桂、△27角が有力でした。以下▲53桂成には△47歩が厳しい一着になります。

本譜は②△86歩、▲同歩、△同飛車、▲87歩、△83飛車、▲45桂、△64歩(図4)と飛車の横利きで▲53桂成を受けます。

先ほどと異なり先手が手番を握っており、図から▲63歩、△同飛、▲82角、△93香、▲91角成、△72銀で後手に銀を使わせたため、△27角の威力が減少しています。

以下、▲82銀、△27角、▲58金、△36角成、▲81銀、△46歩、▲55桂、△45馬、▲63桂成、△同銀、▲67金左(図5)

最後の▲63桂~▲67金左は参考になる手順。81銀が残されるので選びにくい順ですが、銀を渡さずに▲67金左で△66桂を消しておけば後手からの攻めが難しいという判断です。

図では①△55桂、▲56金、△47歩成が第一感ですが、以下▲45金、△48と、▲同金で先手有利。

②本譜は△36馬、▲56金、△54桂ですが、流石にここで後手を引くのは辛いところ。以下▲73馬から先手の攻めが続きます。進んで図6。

後手が迫っていますが、図から▲82龍、△53玉、▲65桂打、△同歩、▲同桂、△44玉、▲45銀、△同馬、▲同金、△同玉、▲18角、△36銀、▲67銀(図7)

▲82龍から馬を抜けば▲67銀と金を外すことができるため、先手の勝ち筋となりました。▲18角もそつのない利かしです。以下先手勝ちとなりました。

藤井七段に分がある戦いと思っていましたが、先週の増田六段と言い、若手は強いですね。これからますます将棋界は面白くなりそうです。斎藤七段は藤井七段に勝ったからには是非タイトルを獲得してほしいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“王座戦準決勝 斎藤慎太郎七段ー藤井聡太七段戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。