王位戦第1局 菅井竜也王位ー豊島将之八段戦

菅井ー豊島戦を振り返ります。戦型は先手中飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここで①△34歩、▲38玉なら先日解説した先手中飛車対策の形(ニアミスでした)。しかし、ここで△34歩だと▲77角、△33銀、▲57銀、△44銀、▲56銀が間に合うのを懸念したのかもしれません。▲38玉を保留しているのが工夫ですね。

本譜は②△85歩、▲77角、△74歩、▲57銀、△73銀(図2)。

ここで①▲56銀は△64銀、▲45銀、△75歩のような展開の時に後手が△34歩を突いていないのが生きて、先手が捌けない展開となります。

従って本譜は②▲38玉、△64銀、▲66銀と銀対抗の形を選択します。進んで図3。

ここで突くと△同歩、▲同飛車、△55歩等で飛車が危なそうですが、▲75歩、△84飛車、▲95角の筋があるため難しいようです。

本譜は▲54同飛車に△94歩と▲95角の筋を消し、以下▲59飛車、△52金、▲54歩(図4)

▲54歩とプレッシャーをかけたところ。ここは△55歩や△42金上、△14歩等手が広いところで研究課題と言えるでしょう。本譜は△42金寄に▲45歩、△同銀、▲75歩、△84飛車、▲74歩、△同飛車、▲75銀(図5)

次の一手のような派手な一手が飛び出しました。△同銀は▲53歩成があるため、△同飛車ですが、▲22角成、△同玉、▲53歩成、△同金、▲66角、△55歩、▲75角、△同銀、▲71飛車、△32銀、▲42歩、△31金、▲55飛車と捌き合った局面は先手有利。進んで図6。

ここは△55歩から香車を取った方が良かったようです。本譜は△99角成に▲54飛車、△同金、▲52銀が厳しく、以下後手も粘りますが、先手の手厚い指し回しが光り、先手勝ちとなりました。

菅井王位の幸先の良いスタートとなりましたが、正直初手▲56歩には相振り飛車になるではないかと思っていたので、良い意味で予想が裏切られました。居飛車中心になりそうで、個人的には今後も楽しみなシリーズです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“王位戦第1局 菅井竜也王位ー豊島将之八段戦” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。