順位戦A級 佐藤康光九段ー深浦康市九段戦 観戦記

順位戦A級 佐藤康光九段ー深浦康市九段戦を振り返ります。戦型は矢倉対左美濃となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

▲66歩を突く矢倉は先日の朝日アマの横山ー渡辺戦でもありましたが、後手が勝ちやすいため、一部の棋士しか指さない戦型となっています。

さて、図では①△54銀と出る手もありました。▲64角と歩を取られますが、△52金と受けておきます。以下一例で▲58金、△62飛車、▲46角、△45銀、▲79角、△56銀、▲26飛車に△66飛車という手があります。▲同銀、△同角、▲56飛車で飛車損ですが、△99角成が厳しく後手有利。△66飛車が衝撃の一手です。

本譜は②△74歩以下進んで図2。

やはり△54銀の筋が出てきましたが、今度は先手の玉形も整っているため、▲64角で簡単ではありません。進んで図3。

ここは①△54銀と引くしかありませんでした。以下▲46角、△45歩、▲35角、△34歩で難しい形勢。本譜は②△34銀に▲24歩が好手。以下、△同歩、▲同飛車、△33銀、▲34飛車、△同銀、▲64銀、△54金、▲73銀不成、△32飛車、▲46桂、△55金、▲34桂、△同飛車、▲23歩、△33角、▲25銀、△43角、▲55歩(図4)と流れるように攻めが続き、先手優勢。

途中△33銀で△23銀引も、▲同飛車、△同銀以下本譜と同様に進め、△32飛車に▲24歩、△同銀、▲23歩の筋があります。

図以下後手も粘りますが、最後は先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“順位戦A級 佐藤康光九段ー深浦康市九段戦 観戦記” への2件の返信

  1. 誤記あり。
    歩、▲35角、△34歩で難しい形勢。本譜は②△34銀に▲24歩が好手。以下、△同歩、▲同飛車、△33銀、▲同飛車←▲34飛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。