B級1組順位戦 斎藤慎太郎七段ー野月浩貴八段戦

B級1組順位戦 斎藤ー野月戦を振り返ります。戦型は雁木模様の力戦となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

雁木の出だしから、後手は△43金型を選択しました。図は△64銀と攻勢を取ったところですが、▲66歩で受けるのが形(「歩越し銀には歩で対抗」という格言もあります)。

以下、△74歩~△75歩の筋には▲65歩の突き違いがあるため、そこまで恐れる必要はありません。

進んで図2。

△55歩と位を取ったところで、ここは▲58金も自然ですが、本譜は▲56歩、△同歩、▲同銀右、△35歩、▲65歩、△36歩(図3)と決戦になりました。

ここは桂を取られる前に①▲45桂と捨てる手も有力でした。以下、△同歩、▲64歩で本譜より角交換ができる分攻め筋が広がります。

本譜は②▲64歩、△37歩成、▲68飛車、△64歩、▲58銀、△53銀、▲54歩、△同銀、▲64飛車、△63歩、▲67飛車、△55歩(図4)

ここは①▲55同銀、△同銀、▲63飛車成の順もありますが、本譜の②▲65銀打が手筋でⅠ△56歩なら▲54銀、△同金、▲63飛車成が金に当たり受けにくくなります。従ってⅡ△65同銀と取り、▲同銀、△15角(図5)

ここでもやはり▲54銀と捨てる手が好手で、△同金、▲63飛車成。

以下難しい戦いが続きましたが、最後は先手の勝ちとなりました。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“B級1組順位戦 斎藤慎太郎七段ー野月浩貴八段戦” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。