NHK杯 大石直嗣七段ー丸山忠久九段戦

大石ー丸山戦を振り返ります。戦型は一手損角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

一手損角換わりはめっきり指されなくなりましたが、丸山九段はスペシャリストとして指し続けています。先日も豊島八段相手に勝利を収めています(豊島ー丸山戦)。

早繰り銀にどう対応するかがポイントの1つですが、図の駒組が一番対応しやすいということでしょうか。この辺りは研究が必要です。進んで図2。

先手は早繰り銀を選択し、駒組が進んだ後、▲35歩と仕掛けました。以下、△同歩、▲同銀、△62玉の局面で以外と次の攻めが無く、▲46銀と引き上げ、第2次駒組に入りました。進んで図3。

△49角が矢倉に対して良く出てくる角打ちで急所の67金を睨むとともに、△38歩等の手を見ています。ここで▲55歩が本筋の一手。△同歩なら▲34歩、△45桂、▲18角のように角を打った時に後手陣の急所である63や、遠く81の飛車にまで角が利いてきます。

従って本譜は▲55歩に△38歩と打ち、以下▲34歩、△45桂、▲24歩、△同歩、▲同飛車(▲27角もある)、△39歩成(図4)と進みました。

ここは▲54歩も有力でした。△同銀は▲33歩成で△同銀と取れない(▲54飛車がある)ため、△23歩、▲25飛車を利かしてから△54銀ですが、▲53歩や▲55歩があります。

本譜は▲45銀、△同銀、▲33歩成(▲37桂が勝る)、△同金、▲22飛車成に△67角成(図5)が好手。

以下▲同金に△23金打で龍が詰んでしまい、先手が苦しくなりました。先手陣が弱体化している点も見逃せません。

▲33歩成の前に▲37桂、△36銀の交換が入っていればここで▲33龍のような手もありましたが、図5では▲33龍に△56銀の活用が幸便になります。

本譜は△23金打以下、▲35角、△44銀、▲同角、△同歩、▲82銀(取ると▲11龍)と勝負しましたが、△22金、▲81銀成(図6)で手番を渡すため先手が苦しい展開。

図以下、△29と、▲41飛車、△51金、▲71角、△52玉、▲51飛車成、△同玉、▲53角成と攻めますが、△32金寄で少し駒が足りません。先手陣は二枚飛車で攻められた時に一枚駒を使わされるのも痛いところです(図7)。

図以下うっかり△54同銀引は▲52歩で詰んでしまいますが、△52歩、▲63馬、△42玉で後手玉は捕まりません。以下最後は先手玉を即詰みに打ち取り、後手の勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。