郷田真隆九段ー木村一基九段戦

郷田ー木村戦を振り返ります。戦型は角換わりになりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここまで近藤ー藤井戦伊藤ー村中戦と同じ進行。ここで△33桂が研究手でしょう。以下、▲24歩、△25桂、▲44角、△37桂成、▲同桂、△36歩、▲23歩成、△同銀、▲53角成、△37歩成、▲23飛車成、△同金、▲54馬(図2)

一直線の叩き合いとなりましたが、ここまで後手は変化しづらく、この局面が悪ければ△33桂自体がどうだったかということになります。

本譜は以下△38とでしたが、▲63桂が好手。対して①△62玉は▲71銀、△同金、▲53銀、②△42玉は、▲43銀、△33玉、▲35銀で寄り筋となるため、③△41玉ですが、▲43銀で受けが難しくなりました。以下、△21角、▲42銀打、△同飛、▲同銀成、△同玉、▲21馬、△49と、▲43飛車、△52玉、▲26角(図3)

▲26角が詰めろ逃れの詰めろで決め手となりました。以下△35歩に▲23飛車成以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“郷田真隆九段ー木村一基九段戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。