A級順位戦 久保利明王将ー広瀬章人八段戦

A級順位戦 久保利明王将ー広瀬章人戦を振り返ります。戦型は先手中飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手の作戦は最新の先手中飛車対策で、青嶋ー永瀬戦や長沼ー千田戦で出てきています。先手は55の歩を守る手段が限られているのが辛いところです。進んで図2。

5筋交換にには二枚目の銀を繰り出します。図で▲74飛車には△73歩、▲75飛車、△64銀、▲25飛車、△33桂、▲26飛車、△35銀と飛車をいじめて後手優勢。従って本譜は▲59飛車と引きます。進んで図3。

飛車先交換を逆用して銀を進出して後手好調。以下進んで図4。

ここでは①△73桂もありました。以下、▲74歩、△65桂、▲68角、△45銀、▲73歩成、△84飛車、▲66歩、△56歩が一例で後手優勢。

本譜は②△84飛車、▲47歩、△35銀、▲64歩、△同歩、▲62歩、△73桂、▲61歩成、△65桂、▲51と、△58歩、▲41と、△59歩成、▲42と、△同玉、▲59角、△45銀、▲48角(図5)と一直線に進みます。途中△65桂では△52金寄と自重する手もありました。

捌き合った局面は金2枚取れているのが大きく先手有利。実戦的にも勝ちやすいです。以下、△57歩、▲66歩、△86飛車、▲88金打、△32玉、▲65歩、△同歩、▲57角、△66歩、▲87歩、△67歩成、▲42金、△同玉、▲75角、△53銀、▲86角、△64歩、▲65歩、△85歩、▲82飛車、△52歩、▲85飛車成(図6)。

途中▲88金打ちや△32玉~△65同歩といった手が参考になります。

ここで①△58金なら後手有望。やはり終盤は駒の損得より速度です。本譜は②△78と、▲同金、△99角成、▲64歩、△62歩、▲63歩成、△同歩、▲54歩で先手優勢。後手は駒得している銀が五段目で遊んでいるのが痛いです。

▲51銀が鋭い寄せ。△同玉、▲62銀成、△同玉、▲72龍、△同玉、▲74歩で寄り筋になっています。以下先手勝ちとなりました。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“A級順位戦 久保利明王将ー広瀬章人八段戦” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。