雁木対策その②

先日解説した雁木対策の続きです。動画はこちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

銀が53にいると▲54銀と捨てる筋は使えませんが、その場合はここで▲56銀と引いておきます。歩の損得はありませんが、後手は35の歩が負担になりやすい形。また、先手から▲33角成、△同桂、▲24歩、△同歩、▲26飛車以下桂頭を狙って▲16角~▲34歩のような筋もあります。

直近では岡部三段ー伊藤女流二段戦で表れています(図2)。

図以下駒組が進みましたが、やはり後手は苦労する展開となりました。進んで図3。

後手は△34銀~△43金と桂頭をカバーしますが、▲45歩~▲46銀がプレッシャーとなります。以下、△86歩、▲同歩、△85歩と攻めましたが、▲44歩、△同金、▲71角、△42飛車、▲45歩、△43金、▲35銀(図4)以下先手快勝となりました。

色々な形で応用が利くので、覚えておきましょう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“雁木対策その②” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。