村田顕ー安用寺戦

村田ー安用寺戦を振り返ります。戦型は石田流となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

よくある図ですが、ここで△44歩が角交換を予め避けておき、△74歩からの押さえ込みを狙う一手。以下、▲88角、△74歩、▲同歩、△同銀、▲65歩、△75歩、▲46飛車、△65銀、▲44角、△同角、▲同飛、△54銀、▲73歩、△同桂(図2)

途中△54銀では△55角が勝りました。以下▲77角なら△同角成、▲同桂、△54銀で次の△76歩が厳しくなります。

図では①▲41飛車成という手があったようです。以下、△同銀、▲83金、△71飛車、▲82角、△51飛車、▲73角成で▲72金~▲63歩等、飛車を攻める手があり、玉形の差で先手有利。しかしなかなか見えても指そうとは思わない手です。

本譜は②▲61角、△71飛車、▲83角成、△65桂で桂がさばけ後手優勢。しかし最後は先手の逆転勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。