畠山鎮ー藤井聡太戦

畠山ー藤井戦を振り返ります。戦型は矢倉となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここまで高見ー増田戦と同じ進行(時系列は逆)。ここで△44歩から進んで図2。

△43金左が流行の一手。固さよりバランスを重視する現代調の一手です。

以下▲45歩、△同歩、▲35歩、△同歩、▲同角(代えて▲45桂は△34銀▲24歩、△同歩、▲同飛車、△22歩で後手優勢)、△44銀。

ここで①▲68角が無難ですが、△34金ぐらいで先手が攻めるのも容易ではありません。本譜は②▲44同角と切って攻めて行きました。

以下、△同金、▲24歩、△15角、▲27飛車、△24角、▲25銀、△51角、▲36銀引、△24歩、▲45銀(図4)△15角では、△35金、▲23歩成、△27歩から飛車を押さえ込む手が勝ったようです。

先手の攻めは細いですが、後手の角2枚も働かせづらいので難しい勝負。進んで図5。

この辺りまでくると先手の攻めが息切れしています。先手はどこかで▲79玉としておけば安全度が違いました。ここは①△35歩もありましたが、本譜は②22銀、▲32歩、△23銀、▲31歩成、△同玉、▲53桂成、△32飛車が好手順。

角を取らせても歩切れを突いた△32飛車の展開が非常に気持ちの良い一手です。以下は後手圧勝の流れでしたが…。

この瞬間は先手が優勢になっており、①▲24飛車なら△23銀打、▲同桂成、△同角に▲35銀のただ捨てが強手。△同銀は▲31銀で寄り筋となります。

本譜は②▲24金だったため、△67馬から△39飛車が厳しく後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“畠山鎮ー藤井聡太戦” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。