渡部ー里見戦

渡部ー里見戦を振り返ります。戦型はゴキゲン中飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここで▲16歩と突けば、広瀬ー久保戦と同じ。そこで後手の指し手が難しいため、厳密には手渡しした方が勝ちやすい気がしています。

ただ本譜の▲45桂でも先手悪くありません。進んで図2。

3筋を突き捨てたのがやりすぎで、ここで△36歩のような手が生じています。突き捨てずに進めていれば先手が良しでした。

本譜は図から△24歩で進んで図3。

端攻めを逆用し、図では後手優勢。ここは△96歩でも△97香成から△96歩でも後手良しでした。

しかし実戦は△36歩。あまり里見さんらしくない手で、本シリーズは不調だったのかなと感じました。

以下紆余曲折ありましたが、最後は先手勝ちとなり、渡部さんが初タイトルを奪取しました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“渡部ー里見戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。